【体験談】切迫早産の自宅安静中、宅食/宅配食事に助けられた件|おすすめサービスも公開中

「自宅安静って言われても、ご飯作らないわけにいかないよ…」という方もいますよね!

里帰りもしない、親に頼ることもできない…という中で切迫早産の自宅安静を言い渡された私が宅食サービスを利用した体験談をご紹介していきます。

  • 切迫早産で自宅安静中に宅食を利用してみた感想
  • 【写真付き】実際に利用していた宅食サービス
  • 自宅安静中におすすめの宅食サービス一覧
  • よりおいしく食べるためのコツ

切迫早産による自宅安静中にお世話になった宅食

33週で突然切迫早産と診断され緊急入院

もともと恥骨の痛みに悩まされていましたが、その日は夜中なんだかお腹も張り気味に。
カチコチになったうえに、胎動も感じられず、大事をとって病院に行くことに。

痛くないですか?と驚かれるほどの張りだったようで…←無自覚・・・

このまま陣痛になっては大変!ということで夜中ではあったものの入院することに。

 

退院後もなるべく家事はしないようにと言われる

その後、3~4日様子を見て、だいぶ張りが落ち着いたため退院になりました。

しかしその条件が「絶対安静」でした。

病院では、料理も洗濯も何もせず、ひたすら横になっていましたが、その状態を維持するように、と・・・

いや無理でしょ!!

と思いましたが、そうも言ってられず、早速対策に迫られました。

 

料理が得意ではない夫…頼れる人もおらず困っていた時に助けられたのが宅配食事だった

夫は自炊の経験がなく、「料理して後片付けまでしないといけないなら、食べないかコンビニおにぎりでいい…」というくらいの人。

夫の食事はもちろん、自分自身もきちんと食事を摂らなければ健康面も心配…

かといってお互いに親が近くにいるわけでもなく、頼れる人もいない・・・

このような状況で助けられたのが宅食でした。

ちょうど恥骨が痛み出した32週あたりから、宅食の利用を検討中でしたが、急ぎスタートさせました。

もぐ
宅食=高齢の方向けのサービス と思いこんでいたせいでこれまで利用を考えつきませんでした。
便利さに気付いてからは、もっと早くから頼んでおけばよかった!と後悔するほど。

切迫早産の自宅安静時に宅食/宅配食事サービスを利用しての感想

自炊はできなくても栄養バランスは考えられていて安心だった

「絶対安静」を守るために、自炊は最低限に。
寝てばかりでなかなかお腹もすかなかったため1日2食でした。

宅食は、栄養バランスも考えられていて塩分やカロリー、各種栄養素もしっかりと計算、考慮されています。

妊娠中、特に後期は塩分やカロリーに気をつけたいところですよね。

モグもぐ

塩分に気をつけていてもむくんでしまったり…野菜、たんぱく質とバランスよく食べられるので、自炊ができない安静中も安心して食べることが出来ました。

 

温めるだけで食べられるので本当に動く必要がなかった

宅食 電子レンジ

リアルに電子レンジで温めるだけ!
それだけで食べられるので、本当に動く必要がありませんでした。

退院直後は、温めも夫に頼んで、食卓に並んだところにのそのそやってくるだけ。

最低限の導線で食事にたどり着けるので、絶対安静中には特に重宝しました。

 

調理いらずだから夫にも頼みやすかった!

調理や後片付けの必要もないので、家事全般に慣れていない夫にも頼みやすかったです。

宅食に近いサービスとして「ミールキット」もあり、どちらにしようか迷いました。

食材の下ごしらえが済んでいて、炒めるだけ煮るだけなので時短になりますし手間も半減されるので魅力的。

とはいえ、火を使った調理は必要ですし、調理後の洗い物も発生します。

 

その点、宅食であれば、電子レンジでレンチンするだけなので

  • 料理が苦手な旦那さん
  • 仕事から疲れて帰ってきたご主人

にも頼みやすいですよね。

お皿に移さず容器のまま食べてしまえば、食後も洗い物などの後片付けはなし!

少々味気ない気がするかもしれませんが、一生続くわけではありません。
旦那さん共々割り切ってみると気が楽になりますよ。

 

買い物に行く必要もなし!ポチっとするだけって楽…!!

これは本当にありがたい…!

  • 日用品はAmazon
  • 足りないものやちょっとした生鮮はネットスーパー
  • 宅食

この3つのコンビネーションのおかげで、切迫早産の自宅安静中、まったくと言っていいほど外出せずに済みました。

寝ながらスマホでポチポチするだけで届くので本当に助かりました。

安静第一だったというのもありますが、でかける機会を減らせるので、感染症予防にも効果的だと感じました。

 

メニュー/献立の参考にもなった

宅食を頼んでよかった1つの点として、レパートリーが増えたこと。

宅食は1食分で、主菜(メイン)1種類、副菜2~3種類のおかずがそろっています。

普段自分ではなかなか使わない食材、調味料の組み合わせなんかもあり、意外な発見も。

モグもぐ

安静中で暇だったこともあり、食べたメニューを思い出しながらネットでレシピ検索したりしていました。

【写真付き】私が実際に切迫早産の時に利用していた宅食/宅配食事サービス

実際に安静中に頼んで食べていた宅食2社をご紹介していきます。

もぐ
下記2社とともに、「より妊娠中・安静中に適した宅食」も見つけたので、後ほどご紹介しますね!

ワタミ

ワタミ

さっぱり/ガッツリさっぱり
ボリューム 3.5
コスパ 4
メニューの豊富さ 2
美味しさ総合評価 4
総合 3.5

※「おいしさ」はあくまで私個人の主観です。

宅食と言えば「ワタミ」ですが、我が家では冷凍宅配弁当「ワタミの宅食ダイレクト」を頼んでいました。
味付けは濃くはありませんが、出汁がきいているのか物足りなさを感じることもなく美味しく食べられました。

 

ボリュームにはややかけますが、温めたときの解凍ムラもなく手間も最小限ですみます。
男性には少ないと思うので、旦那さんには自分で何か+してもらうといいかもしれませんね。

メニューは決まったものの中から選び、特に更新されるわけではないので、そこまで選択肢はありません。

全体的に味、コスパ含めバランスはいいように思いました。

 

nosh

nosh

さっぱり/ガッツリややガッツリ
ボリューム 4.5
コスパ 3
メニューの豊富さ 5
美味しさ総合評価 3.5
総合 3.5

※「おいしさ」はあくまで私個人の主観です。

若い世代向けに作られた宅配食事のnosh

食べ応えや見た目のオシャレさにもこだわって作られています。

 

普通の食事として考えればほどよい量ですが、宅食サービスの中では量が多いほうです。
おかずがつまったお弁当タイプのほかに、パンやスイーツ、スープにリゾット…とメニューがとにかく豊富!

定期的にメニューも更新されるので、飽きることなく続けられます。

 

継続するほどにお得に注文できるシステムですが、北海道、東北、沖縄の方は送料が高くなるので他の宅食と比較しながら検討してみてください。

まだまだある!切迫早産の自宅安静中に活用したい宅食/宅配食事サービス一覧

他にも、自宅安静中におすすめの宅食サービスがいくつかあるのでご紹介していきます。

わんまいる

さっぱり/ガッツリ普通
ボリューム 4
コスパ 4
メニューの豊富さ 4
総合 4

わんまいるは、お弁当形式ではなくパウチされた状態で届きます。
お皿を必ず使わなければいけない点はデメリットかもしれません。

一方、好きなタイミングで、好きなおかずを選んで温めることが出来るので気分に合わせて楽しめます。ちょっと小腹が空いたときに1つだけ湯煎という使い方もできますね。

 

味付けは家庭の味に近く、極端に薄味でもないので食べやすいです。

お弁当タイプと違ってかさばらないので、冷凍庫が小さい方/冷凍ストックを常備していてスペースが確保しにくい方にもおすすめ。

初回は半額で注文できるので始めるにあたってのハードルが低いのも魅力的です。

 

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング

さっぱり/ガッツリあっさり
ボリューム 3.5
コスパ 5
メニューの豊富さ 4.5
総合 4
  • 持病がある方向け
  • 糖質制限中の方向け
  • 塩分制限
  • タンパク質制限

…と細かく対応したメニューが用意されているウェルネスダイニング。

管理栄養士が常駐&監修している宅食なので、バランスの良い食事を心がけたい妊娠中にも安心して利用できます。

塩分も控えめに作られているので、むくみ予防にも。

 

食べ応えとしてはやや物足りなさを感じるかもしれませんが、和食中心でヘルシーです。

メニューも1ヶ月間被らないように注文することができるので、飽きにくいのもポイント。

 

食宅便

食宅便

さっぱり/ガッツリあっさり~ガッツリ
ボリューム 4
コスパ 5
メニューの豊富さ 4.5
総合 4.5
  • ヘルシーであっさりした和定食
  • 季節感あふれる旬の食材を使ったコース
  • エスニック系
  • カツ丼やカレーなどガッツリのメイン系

などなど食宅便もメニューとコースが豊富な宅配食事です。

満足感はありながらも、塩分カロリーとも管理されているので気兼ねなく食べられます。

宅食は、最初からメニューが決まっているのもが多いですが、食宅便は、自分で好きなメニューをチョイスして注文できるコースもあります。

 

送料も全国一律390円なので、どこに住んでいても注文しやすいのがポイント。
送料が安いので、送料込みの1食あたりの値段も必然と安く、続けやすいです。

宅食をよりおいしく食べるために工夫していたこと

温める際はちょっとずつ解凍した

宅食は、電子レンジで温めるだけですぐに食べられますが、より美味しく食べるためにいきなり表示時間で温めずにー1分くらいからちょこちょこ温めていました。

一気にレンチンすると、具材の大きさの差によって解凍ムラが生じたりべちゃっとしやすくなるので。

 

あらかじめ冷蔵庫に移しておきゆっくり解凍した

夜宅食を食べようかな…と予定が立っているときは、あらかじめ冷蔵庫に移しておいてゆっくり解凍するのもおすすめです。

先ほどのちょっとずつ温めるのと同様、解凍ムラが生じにくくより美味しくいただけます。

もぐ
食べるまでに余裕があるときは試してみてください

 

【安静度がゆるくなってから】具沢山のお味噌汁をプラスした

33週で入院&自宅安静を言い渡された後、3週間後には正産期に入るということで安静度合いも緩やかに。
無理のない範囲でなら家事をしてOKということだったので、

  • 今までの宅食を自炊に切り替えたり
  • 宅食にプラスしておかずやお味噌汁を作る

ようになりました。

モグもぐ
この時期、食欲が増したというのもあります…
必ず主治医や助産師さんに聞く、指示に従うようにしてくださいね!
無理は禁物です。

具沢山のお味噌汁をプラスすることで栄養面も気にしつつ、満腹感を得られてよかったですよ。

【良く作っていた具沢山味噌汁】

  • けんちん汁風
    豆腐、豚肉、根菜類、青菜
  • キャベツとサバ缶のズボラ味噌汁
    切るだけ、缶ごと入れるだけ
  • きのこ汁
    マイタケ、しいたけ、えりんぎ、しめじ、豆腐、あさつき
もぐ
冷蔵庫のあまり食材をテキトーに組み合わせてるだけでもそれなりに形になります(笑)

まとめ:無理厳禁!切迫早産と診断&自宅安静になったら宅食利用を検討しよう

  • 自宅安静中は無理厳禁!自炊はせず宅食利用を検討しよう
  • 宅食は塩分、カロリーとも考えられており妊娠中にも安心
  • 温めるだけで食べられるので料理が苦手/不慣れな旦那さんにもやさしい
  • おすすめはウェルネスダイニング、食宅便

妊娠中は栄養素やカロリー、塩分など食事に気を遣いますよね。

レトルトやデリバリーばかりでは不安…という方も多いと思います。

 

宅配食事であれば、栄養面も考慮されているので安心。

まずは自分の体調と赤ちゃんを第一に、無理せず便利なサービスを活用していきましょう!