宅食/宅配弁当は軽減税率の対象になる?消費税8%か10%かを調査

外食でもない、完全自炊でもない「中間食」とも言える宅配食事。

外食は10%の消費税がかかる

スーパーで購入する食料品は軽減税率(8%)が適用される

では宅食は?

と気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、宅食と軽減税率の関係について調べてまとめています。

宅食の税率
大手各社の金額表示
送料含めた税込みで安い宅食サービス

結論:宅食/宅配食事そのものの税率は8%で軽減税率対象

結論から言うと、宅食/宅配食事サービスでは、税率が据え置きの8%で提供されます。
しかし、8%になるのは、あくまで「食事そのもの」
宅食の場合は、自宅まで届けてもらう宅配料がかかるわけですが、その送料に関しては10%になっています。
増税に伴って、どの範囲までが軽減税率の対象なのか?など何かとややこしくなっていますよね。
宅配食事サービス業者も各社対応が異なっています。
・税抜きで表示している
・税込みで表示している
・税込み・送料込みでまるっと表示している
・食事の代金と送料とを別々に表示している
・・・といった具合にそれぞれ違う対応をしています。
表示に関する統一されたガイドラインはなく、各社まちまちなので、個別に見ていく必要があります。
食事そのものは8%対象
配送料や手数料は10%
各社対応が異なる⇒最終的に決済画面で確認

宅食/宅配弁当は外食にあたらないから軽減税率の対象に?

そもそも軽減税率とは?

軽減税率の趣旨としては、生活必需品には増税前の今までの税率(軽減税率)を適用し、家計の圧迫を少しでも減らそうとするもの。
で、問題となるのがどの範囲までが軽減税率の対象となるのか?について。
政府広報によると・・・
基本的な飲食料品は対象
テイクアウトや宅配の食事は対象
一方で、
・酒類(みりんや料理酒含む)
・外食
・ケータリング/出張料理
対象外となっているようです。
みりんや料理酒は普段からお料理に使いますし、コンビニのイートインコーナーも外食と言えるのか…?
と線引きがなんとも微妙ですよね。
気になる「宅食が軽減税率の対象品目になるか」ですが、結論、軽減税率の対象になります。
軽減税率の対象
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/taisyohinmoku/naniga.html
ピザやお寿司のような宅配サービスと同様に扱われるわけですね。

各社対応が異なる

増税後の軽減税率を適用しての表示は各社異なっています。
・税込み/税抜きでの表示
・税率表示の有無
・配送料などすべてコミコミで表示しているのか?
・配送料と食事の金額を別々に表示しているのか?
各社HPを見ても異なるので、最終的には、決済画面でいくらになるのかを確認するようにしましょう。
「税込みだと思ったら税抜きの話だった!」
「配送料込だと思ってたら別途かかって思ったより高くなってしまった…」
とならないためにも、決済画面で確認しておくと安心です。
もぐ
この後、大手各社の表示/かかる料金総額をまとめてみていきますよ!

宅食/宅配食事各社を調査!消費税の扱いはどうなっている?

ワタミ

ワタミ 消費税
宅食と言えばワタミですよね。
ワタミには、冷凍で届けてくれる宅配弁当と、常温(冷蔵)で毎日届けてくれるサービスとがあります。
常温の出来立てお弁当配達サービスは、自社で配送(ワタミならワタミ)しているため基本的には送料はかかりません。
一方で、冷凍宅配弁当の場合は、ヤマトなど外部宅配業者のクール便を使うことになるので送料がかかります。
ここでは、ワタミの冷凍宅配弁当(ワタミの宅食ダイレクト)について見ていきましょう。
ワタミの宅食ダイレクトでは、税込みで表示されています。
改めて計算する必要がなく、パッと見で総額を理解できるので楽ですね!
初めて頼む方は、お試しコースもおすすめです。
ワタミ 消費税
送料無料なので、表示されている金額(おまかせコースなら税込2,668円)が総額になります。
10%OFFになってダントツお得な定期コース。
継続するなら定期コースがお得ですね。
7食セットになって届くこちらのコースでは、「送料別」と記載されています。
ワタミ 消費税
HP上では具体的な送料は記載されていませんが、購入画面へと進んでいくと表示されます。
ワタミ 消費税
ワタミの場合は、全国一律で税込み800円が送料として別途かかってくるようです。
このように、決済画面で消費税、送料すべてコミコミの「合計金額」を確認するようにしましょう。
ワタミの消費税表示
消費税の表示税込み
送料の記載食事代とは別途
送料無料制度あり⇒お試しセット
定期コースの送料800円(税込み)
送料込み1食当たりの値段(お試しセット)667円(税込み)
送料込み1食当たりの値段(定期コース)614円(税込み)

 

nosh

nosh
noshは最近若い世代を中心に人気の宅食です。
「インスタ映え」するようなご飯と豊富なメニューが魅力。
noshの場合は、税抜きで表示されます。
nosh 消費税
noshには、初回向けのお試しコースは用意されていません。
その代わり、初回限定で500円が割引になります。
もぐ
お試し的に頼むのであれば、まずは6食セットを頼んでみるというのもありですね!
頼めば頼むほどお得になる「ランクシステム」が採用されているので、継続する場合に非常にお得な宅食サービスです。
nosh ランク制度
送料については特に記載がなく、決済画面で最後に表示されます。
送料は全国一律ではないので注意が必要です。
noshの配送センター(大阪)からの距離によって値段が決まります。
そのため、大阪から離れるほど送料が高くなります。
最終的な料金は、「お支払い情報(カード情報)」を入力する画面で確認できます。
nosh 消費税
料金の見方を解説します。
①プラン料金 税抜き表示 消費税:8%
②送料 税抜き表示 消費税:10%
③消費税 上記の分それぞれ
④ ①~③の合計から初回限定で割引500円が適用に
 例えば、関東にお住まいで6食セットを頼む場合
6食のプラン料金:3,880円*1.08(消費税8%)ー500円=3,690円
送料:960円*1.1(消費税10%)=1,056円
合計4,746円
noshの消費税表示
消費税の表示税抜き
送料の記載食事代とは別途
送料無料制度なし 500円割引あり
定期コースの送料大阪からの距離による
送料込み1食当たりの値段(6食セット)※791円(税込み)
※上記の例(6食セットを関東から注文した場合)での計算

わんまいる

わんまいる

わんまいるはお弁当形式ではなく、袋にパウチされた状態で届きます。

冷凍庫にコンパクトに収納できるのがありがたい点。

また、おかずが1種類ずつパッキングされてくるため、温めムラが起きないのも嬉しいポイント。

お弁当タイプの冷凍宅配弁当は温めムラをなくすため、解凍にコツが必要なこともあります。

モグもぐ
わんまいるならおかずごとに温められるので、具材の種類や大きさに合わせて解凍できますよ!

 

わんまいるでは税抜き税込み両方で表示されています。

わんまいる 消費税

わんまいるには、初回限定でお試しコースがあります。

限定価格で安く試すことができるのはありがたいですよね!

 

「初回限定のお試しコース」「定期コース」いずれも送料は別になっています。

送料は、一律850円(税抜き)

ただし、北海道と沖縄は1,950円(税抜き)になるそうです。

 

わんまいるのお試しコースは、5食分で1セットになっています。

お試しコースの場合、一度に注文できるのは3セット(=15食分)です。

送料は何セット頼んでも同じです。

つまり、注文するセット数を多くするほど送料は安くなるというわけ。

 

こちらも、最後の決済画面で最終的に値段を確認するようにしましょう。

わんまいるの消費税表示
消費税の表示併記
送料の記載食事代とは別途
送料無料制度なし お試しコースあり
定期コースの送料一律935円(税込み)
北海道/沖縄は2,145円(税込み)
送料込み1食当たりの値段(お試しコース)※658円(税込み)

※北海道、沖縄以外の場合で15食(3セット)分頼んだ場合

 

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングは、塩分やカロリーなどの制限がある方にも対応している宅食サービス。
複数のコースが用意されていて、高齢の方や持病がある方でも安心して頼むことができます。
ウェルネスダイニングでは、税抜き表示されています。
初回は送料無料なので、表示されている税込み金額が合計額になります。
2回目以降も、7食以上の注文で全国一律、税込み385円で届けてくれます。
さらには、14食以上頼むことで送料無料に。
まとめて注文するとお得ですね。
ウェルネスダイニングの消費税表示
消費税の表示併記
送料の記載食事代とは別途
送料無料制度あり 初回限定
定期コースの送料一律385円(税込み)
送料込み1食当たりの値段※675円~722円(税込み)
※選択するコースによる

ヨシケイ

ヨシケイ 消費税
ヨシケイは、地域限定の宅食サービス。
頼める地域が限定されてしまう点が難点ですが、配送料が無料なのがありがたいところ。
ヨシケイは、初回だけでなく2回目以降もずっと配送料がかからないので、経済的ですよね!
居住地が対象地域ならば、利用を検討してみましょう。
ヨシケイの宅配弁当は、冷凍にもかかわらず、毎週新しいメニューへと更新されます。
1ヶ月単位で見ても頼めるメニューが27種類はあるので、飽きることなく続けられます。
ヨシケイでは、税込み表示です。
ヨシケイ
ヨシケイは、自社スタッフによる配送なので、送料は無料。
記載されている食事代金の合計が総額になるので、料金体系もとってもシンプルですね。
ヨシケイ
ヨシケイの消費税表示
消費税の表示税込み
送料の記載2回目以降もずっと無料
送料無料制度2回目以降もずっと無料
定期コースの送料都度注文するシステム
送料込み1食当たりの値段※2回目以降350円(税込み)

※初回は半額の175円/食(税込み)

【参考】消費税&送料込みで安くて美味しい宅食はココ

あくまでも私個人の感想ですが…
消費税&送料も含めて安くて美味しいのは「ワタミの宅食ダイレクト」と「わんまいる」です。
お弁当形式で温めるだけですぐに食べたいのであれば、「ワタミの宅食ダイレクト」
解凍ムラをなくし、ボリュームも重視&家庭の味に限りなく近づけたいのなら「わんまいる」
がおすすめ。
ワタミの宅食ダイレクトは全国一律の配送料。
北海道や沖縄にお住いの方でも追加送料を気にすることなく安心して注文できます。
同時購入で1食あたりの金額もより抑えられます。
量は控えめですが、塩分油分に頼ることのない優しい味わいのお弁当です。
わんまいるはお皿に盛りつける手間はあるものの、真空状態で冷凍パウチされているので湯煎にも対応しています。
解凍後の味で言うならば、わんまいるは最も家庭の味に近くボリュームもあります。
北海道、沖縄の方は送料が高くなってしまいますが、それ以外の方はワタミの宅食ダイレクトとほぼ同じ金額で配送してもらえます。
もぐ
対象地域に入っているなら送料無料&1食あたりの値段も最安レベルの「ヨシケイ」がおすすめです!

【参考記事】

まとめ:宅食は軽減税率の対象!注文の際は表示をよく見て

宅食の「食事」自体は軽減税率(8%)の対象
送料部分は軽減税率対象外なので10%
税込み税抜き、送料込みかどうかは各社表示が異なる
注文時は決済画面で最終的に総額を確認しよう
外食ではないけれど、調理をせずに温めるだけで食べられて便利な宅食。
疲れた時、忙しい時など便利ですよね!
各社とも対応は違うようなので、注文時の最後の画面で総額を確認するようにすると安心です。

最新おすすめ宅食ランキング

毎月更新!
味、値段、ボリューム、メニューの種類を軸に最新のおすすめ宅食をランキング!

  • 【第1位】ナッシュ(nosh)
    4.5

    パッケージからメニュー、食事まで全てがおしゃれなnosh。鮮やかな彩もナッシュの特徴。ボリュームもしっかりとしながらも糖質は抑えめに作られているのでダイエット中の方にもやさしい宅食です。続けるほどお得になるランク制度の導入もあってコスパも◎

  • 【第2位】ウェルネスダイニング
    4.3



    塩分、カロリー、タンパク質といった各種栄養素の調整が必要な方でも安心して利用できるウェルネスダイニング。専属の管理栄養士が常駐&監修しており、制限食にもしっかりと対応。あっさりとした味付けで高齢の方やダイエット中の方にもおすすめ。初回送料無料でお試しできます。

  • 【第3位】食宅便
    4.2



    とにかくメニューの種類が豊富な食宅便。和洋中、丼もの、エスニック系、季節限定のメニューと飽きることがありません。送料も全国一律390円と破格。4食分のお試しセットが用意されていて気軽に試しやすいのもポイントです。